September 24, 2005

雲行き怪し

琉球フェス開催と共に台風17号が近づいている今日この頃、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、いよいよ明日に迫った琉球フェス、ご存知の通り予報は見事に雨。
しかし沖縄に台風はつきものなので、これくらいじゃビビッてません。

第一、最近の天気予報なんてはずれてばっかり。
そりゃ神無月も「まーた外しちゃったよぉー」って良純の真似しますわ。
明日はきっと台風がそれて、午後は晴れ間が覗くでしょうと
僕のアメダスは言っております。

一体なんの話?という方、去年のレポートをご覧ください。

簡単に説明しますと、毎年この時期に
日比谷の野外音楽堂で開催される、
沖縄系アーティストが集まるフェス。
僕は今年が3回目の参加。

登場するのは琉球民謡系のアーティストが多いのですが、
昨年あたりからちょっと方向性が変わり、
去年はオレンジレンジ、今年はD-51やRYUKYUDISKOといった
若者受けするアーティストもチラホラ。

僕が毎年一番楽しみにしてるBEGINは、
今年は残念ながら出場しないようです。
(ちなみに先日某スポーツ紙で報道された、
「BEGIN活動休止!」は全くの誤報。)

とにかく昼間っから琉球音楽聴きながら、
ご機嫌にオリオンや泡盛飲む日なんです。

しかし今年は雨。
会場はその名の通り”野外”音楽堂なので、
雨降りゃ観客はびしょ濡れです。

去年のように弁当箱広げて色々つまむ事はおろか、
ビール飲んでる場合じゃないかもしれません。
でも基本的には中止はなし。
雨天決行です。
過去にも数多くのアーティストが、
大雨の中での伝説の野音ライブを残してます。

なので明日はカッパ用意して参ります。
ちょっと心配なのは、毎年観客はおじい、おばあが多い事。
台風の中での開催となった場合、彼らはどうするんでしょうか。
雨でも来るかな?
「なんくるないさぁ~」って。
(なんとかなるさ、の意)


レポートは後日ここで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 29, 2004

琉球フェスティバル2004 in 野音

日曜日、昨年に引き続き琉球フェスティバルに行ってきました。

その名の通り沖縄のミュージシャン10数組が野音に集まり、
夕方から心地よい音楽を聞かせてくれる年に一度のイベント。

今年はビギンや夏川りみ、島唄界の重鎮・登川誠仁といった
いわゆる沖縄島唄系アーティストに加え、
大ブレイク中のオレンジレンジが出るってんで
オークションでもチケットに高値がついてたそうで。

このイベント、他とちょっと違うのが客の飲酒量。
客の何割かは沖縄出身者なんです。
沖縄人って女性でも馬鹿みたいに酒強いじゃないですか。

野音は日比谷野外音楽堂という名の通り屋外なので、
天気が良ければそれでなくても酒はすすむのに、
沖縄関係者が集まって島唄を聴くのでますます酒量が増える。

しかも普通ライブで飲むって言えばビールじゃないですか、大抵。
違うんですよ。

泡盛!

いや、会場でオリオンビール売られてるんで
それ飲んでる客も多数いるんですが、
野音って持込自由なので、泡盛を瓶で持ち込んで
紙コップで注ぎあって飲むんです。

今年はオレンジレンジの影響で去年に比べて客層が若干若かったですが、
去年はもっと年配の方が多かったのでそんな光景があちこちで見られました。

去年この光景に衝撃を覚えながらも、
ちょっと羨ましく思ってた僕ら一行は、
それに習ってばっちり持ち込みしましたよ、泡盛。
大量の食料と共に。

なんだかんだと3時間くらいやってたイベントで
オリオンビール約30本と泡盛3本空いちゃいましたね。
改めてなんですが、いい音楽聴きながら飲む酒ってうまいんですよ。
天気は小雨がぱらつく状態だったんですがこの有様。
快晴だったらもっといっちゃったな。

肝心のライブの方は、個人的に今年もベストアクトはビギン。
ま、単純に好きなんですけどね。ビギンが。

あと夏川りみが歌った最新のアルバムに入ってる曲ってのも
タイトル分からないけどよかったです。
歌唱力半端ないですね、あのお方。
こころ揺さぶられちゃいました。

オレンジレンジはみんなそこそこ飲んだ中盤に出てきたので
客の酔いがそこで一気に回った気がする。

普通のライブとはちょっとまた違った楽しみ方ができる琉球フェス。
来年も絶対行きます!

MCは「大阪はドームでやってるんです。東京も来年はドームで」って
言ってたけど、絶対に野音でやって欲しい。
ドームじゃ泡盛飲まないでしょ。


いや、飲んじゃうかもな・・・俺ら。

| | Comments (3) | TrackBack (0)