December 21, 2008

ねぇーんーまーつぅーだぁっからぁぁ~♪

今年も残すところあと10日。
早いもんでございます。

そして今年のM-1が始まるまであと数分。
さて、どうなる事やら。

とりあえず今年の決勝進出は下記8組(本番登場順)。


ダイアン(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 大阪)
笑い飯(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 大阪)
モンスターエンジン(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 大阪)
ナイツ(マセキ芸能社)
U字工事(アミーパーク)
ザ・パンチ(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 東京)
NON STYLE(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 東京)
キングコング(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 東京)

これに敗者復活組を入れた9組でチャンピオンを争います。


では敗者復活は誰なのか?
麒麟?千鳥?

すんごい予想は難しいけど、ジャルジャル、とろサーモン、オードリーあたりか。
オードリーあたりが順当かもだけど、
個人的に世界観が好きなジャルジャルと予想。


じゃあ結局順位は?

ファイナル残るのは以下の3組。


笑い飯
モンスターエンジン
ナイツ

そして4位以下の順位は・・・


キングコング
U字工事
ダイアン
ジャルジャル
ザ・パンチ
NON STYLE


キンコンはファイナルならず。
ダイアンも面白くて好きだけど、順番的な不利さでここ。
ザ・パンチは審査員受けがそれほどな気が。


で、ファイナルの結果は。


笑い飯が悲願の優勝。


ナイツが準優勝。
モンスターエンジンは今後に期待の3位。

って感じで。

この1年はほとんど笑い飯追っかけられてないけど、
きっと今年こそはいっちゃうんじゃないかな。
って4~5年書いてますが。

所用のため本番は夜にでもみます。
1年ぶりのブログですがそこにはあえてふれず。

皆様よいお年を。
来年は2回は更新します。たぶん。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

December 23, 2007

僕は自宅待機。きよし師匠も2004年から自宅待機。

さて、今年ほとんど書かなかったこのブログ。
おそらくはこれが今年最後の更新となるかと。


連休真ん中の今日。
珍しく飲みにも出ずに自宅待機。
というのもそう、今日はM-1の日。
毎年やってるので今年も予想をね、一応。

さて今年の決勝進出者は。


笑い飯(吉本興業 大阪)
POISON GIRL BAND(吉本興業 東京)
ザブングル(ワタナベエンターテインメント)
千鳥(吉本興業 大阪)
トータルテンボス(吉本興業 東京)
キングコング(吉本興業 東京)
ハリセンボン(吉本興業 東京)
ダイアン(吉本興業 大阪)
敗者復活戦勝者
(出演順)


今年もざっとさらうと、

笑い飯は今年もルミネでのワンマン行きました。
昔ほどの爆発力はないけどコンスタントに面白い。

POISONは去年も書いたけどムラあるからあんまり好みではない。

ザブングルはライブでネタ見たこともあるけど
当時はそこまでの面白さはなかったかな。

千鳥もムラあり。
優勝とか狙わず独特のネタで通して欲しい。
でも同じBASEの麒麟と比べるとこっちの方が好き。

トータルテンボスは結構好き。
最近ネタ見てないけど上位に食い込むかもね。

キングコング。
笑い飯の最大のライバルではないでしょうか。
テレビタレント的イメージ強いですけど
ネタもしっかりしてて面白い。
気合い入ってるようですし、確実にファイナルには残ってくるかと。

ハリセンボンはダークホース。
ブレイクする前にライブで見た時はまだ粗いネタやってましたが、
場数も踏んで、最近の春菜はかなり面白い。
準決勝じゃ相当な笑いをとってたと、
見た人達は口をそろえてるようだし。

ダイアンはネタそんなに見たことない。
ネットで見たやつは大したことなかった。
どんなネタやるんでしょ。

で、ワイルドカードで来るのは・・・。
麒麟は来ないと見ます。
深い理由はないけど。なんとなく。
オリラジも藤崎もないでしょう。

あー、始まっちゃった。
ワイルドカードはキャン×キャン。
って前にも書いたけど。
面白いんだけどなぁ・・。
事務所のせいかな??
期待をこめて書いときます。

あとNONSTYLE、プラン9あたりでしょうか。
ゴエは復活したのかな?

で、ファイナルに残る3組は。
お約束で笑い飯。
それとキングコング。
もうひとつはハリセンボンって大胆予想。

ファイナルの審査員投票ではハリセンボンは票なし。
キングコングと笑い飯とで、今年こそ笑い飯!
笑い飯が5票で優勝かな。

去年より書いてて自信ない。
キングコング行っちゃうのかなぁ!?

あ、巨人さんが審査員だって。
上沼さんもいるし。
いい感じじゃないでしょうか。

粗い文章ですみません。
これから酒飲んで楽しみます。


| | Comments (19) | TrackBack (1)

March 12, 2006

テレビっ子クラブ その3

さて、テレビっ子クラブも3回目。
前回の続きで、自宅のスゴ録の「予約リスト」です。


-人-
トーク番組とかドキュメントも好き。
世の中いろんな事考えてる人いますね。


□トップランナー
番組観覧者たちとのQ&Aの際の微妙な空気がいかにもNHKっぽいこの番組。
BGM的に、ラジオ的に。
何かをしながらかけてる事が多い。


□R30
国分太一くんとイノッチがMCのトーク番組。
経済や政治などいろんなジャンルのゲストが出てくるのが○。
昔の「平成 日本のよふけ」的な感じ。
「よふけ」の方が好きですが。


□ウチくる?!
週末朝まで飲んで起きるとやってる番組。
最後の手紙で泣かされることも。
中山秀ちゃんの食べ方がいつも汚いのが難点(特にパスタ!)。


□情熱大陸
ご存知人物ドキュメントの定番。
これは海外ものも少なくないのでどっちかと言うと
じっくり見ることのほうが多い。
スゴ録消化はだいたいバラエティ優先な事が多いので
貯まった「情熱大陸」を一気に見ることが多い。


-その他-
なんとなく「その他」と括ってみました。
まあバラエティなんですが。


□井の中のカワズ君
ネット検索がテーマのバラエティ。
番組中、画面下に色んなジャンルの
検索キーワードランキングが流れるが、
知らない言葉も多くなかなか勉強になる。
関係ないけどこのランキングもいつも謎。


□FNS地球特捜隊ダイバスター
会社の後輩に薦められて予約リスト入り。
が、あまりちゃんと見たことない。
面白いらしいです。


□ナイナイサイズ!
特にどうって事もないけど、気楽に見れる情報番組って感じ。
結構好きで何気にいつも見てる。


以上、前回のと会わせて26番組。
これにあとは映画や特番などが入ってきます。

「どうやってこんなに見てるの?」と言われますが、
基本的には消化しきれてません。
見てないものがいっぱい貯まってます。
HDDの容量が一杯になって録画できてないこともしばしば。

あと、スゴ録はすごく便利でいいんですが、
いい番組との偶然の出会いが減るのが難点。
決まったものしか見なくなりますからね。


幼い時に毎週土8のドリフを楽しみにしてた頃、
たまたまテレビ点けた時に映ったのが、
当時大流行してたゲームウォッチ「モンスターパニック」のパロディコント。

ドリフ見るつもりが思わずそれに目がとまり、
面白くてついつい最後まで見てしまいました。
その後ドリフを見ることはなくなり毎週その番組を見ることに。
その番組が「俺たちひょうきん族」。
そんな運命の出会いがなくなりましたね。


とはいいつつやはりスゴ録は便利なもの。
将来的に、録画したものをメールで友達に送れたりする機能がつくと
非常に便利なのですが。
あとは外から携帯とかで予約リストを操作できるとか。

期待しております>ソニーさん。


| | Comments (1) | TrackBack (0)

March 07, 2006

テレビっ子クラブ その2

前々回で書いた自分のテレビっ子っぷり。
今回は自分のスゴ録にある予約リスト全26番組を公開。

大きくわけると「ドラマ」「食いしん坊」「笑い」「人」「その他」って感じでしょうか。
それぞれの番組とコメントを順番に。
面倒なので局や時間は省略。
気になったら検索してみてください。

-ドラマ-
働くようになってからというもの、ほとんど見なくなったドラマ。
今クールは年明けにインフルエンザ患って休んでいた関係で、
いくつかのドラマの初回を見た流れでリストに登場。

□西遊記
散々番宣で煽られたので録画。
初回を見るも、その後は未見。
視聴率はいいようですが、なんだかコント見てるみたいで・・・。

□夜王
ホストクラブが舞台のドラマ。
好きな香里奈が出ているのもあってなんとなく初回を見る。
が、これも2回目以降は未見。

□松本清張”けものみち”
「黒革」が面白かったという評判を聞いていたので
ある程度「見たい」と思って見始めた今回唯一のドラマ。
が、これも2話までしか見てない。
これは見たいんですがね。ドラマはついつい後回しに・・・。

あと見てないのですが「時効警察」が面白いらしいですね。


-くいしんぼう-
作る系から訪ねる系まで。
昔から料理系の番組は大好きですね。
見て実際に作ったり食べに行ったりしてます。

□イシバシ・レシピ
貴さんが一流料理人を招いて料理の勉強する番組。
月曜深夜、帰宅後餃子焼いてビール飲みながら見るパターン多し。
この番組は夜中に食欲出ちゃうんで困りますね。
あ、ちなみにグルメ系番組は基本的にひとりでご飯食べながら見てます。
(食べるものなく見てるとお腹だけが空いてひもじい思いをするので)

□VivaVivaV6
毎回ひとつのテーマに添った店を3軒程度紹介。
気になる店があれば後日実際に行くことも。

□メントレG
TOKIOがホストのトーク番組。
トークも面白いけど目当てはゲストが終盤で紹介する
自分の好きな料理3品。
自分の中でも「たまに無性に食べたくなる一品」があるんで、
有名人達のそんな一品が見られるのが楽しみ。

□裸の少年
ジャニーズJrと平野レミやら道場さんやらが
おいしい店を紹介する番組。
昔これ見た翌日に、紹介されてた四谷三丁目の焼肉「名門」に行ったら
どうにか入れたものの肝心なお肉がほとんど品切れだったことも。

□グッピー!!
東野とぐっさんがやってるほぼテーマ無しバラエティ。
これがくいしんぼうに入っているのは、たまにやる
「ほんとに一から作る料理」みたいな企画が好きだから。
いなり寿司作るのに豆腐作るところから始めておあげさん作って、って感じ。


-笑い-
リストの中の一番のボリュームゾーンがここですね。
なんだかんだと昔から一番見てるのはお笑い。
仕事から帰ってきて気楽に見て笑って寝る!って感じで。
欠かせないですね。

□ロンドンハーツ
くだらないですが好きな番組。
「格付け」がちょっとマンネリ気味なので次の当たり企画が欲しいとこ。

□リンカーン
会社の同僚から面白いと薦められ見始めた、ダウンタウンがMCのバラエティ。
さまーず、雨上がり、おぎやはぎ、ぐっさんなど出てる芸人はやたら豪華。
すごくハマるほどのものは今んとこなし。

□鶴の間
鶴瓶さんが、舞台に出るまで誰か知らされない芸人を相手に即興で漫才をやる番組。
鶴瓶さんが昔から好きなのでとりあえずチェック。
ホントに好きなのは「きらきらアフロ」みたいなフリートーク。

□エンタの神様
広く遍く大衆にわかるようにテロップ入れたりしてネタ見せてるこの番組で、
ホントに面白いもの見られる機会はなかなかないが、惰性で今も録画。

□お笑いLIVE10!
エンタとか笑金とかじゃ見られない人のネタが見れるみたいと気づいて
録画始めたらその翌々週、トータル10回で終了。残念。

□浜ちゃんと!
浜ちゃんがゲスト呼んで何かテキトーにやってる番組。
力の抜け具合が○。

□松紳
タイトルそのまんま松ちゃんと紳介さんのふたりのトーク。
どっちかと言うと松ちゃんより紳介さんのトークが聞きたくて見る番組。

□めちゃめちゃイケてる
言わずと知れた超有名バラエティ。
社会人になってしばらく見なくなったがここ数年また見てる。
あたりはずれもあるけどやっぱり面白い。
伝説の岡村ジャニーズJr入りとか蓬田くんシリーズは秀逸。

□恋のから騒ぎ
これも毎週見てますね。
さんまさんのトークと、「こんな女絶対やだな」って文句いいながら見れる感が○。

□やすりぎコージー
内P終了後はこれが一番好きなバラエティでしょうか。
この番組ならではの、芸人格闘王とか芸人バイト選手権とか
ネイチャージモンとかホントくだらない。
あとそれにつき合う大橋アナが◎。

↑最後の文章ちょっとキモいですね。

ちょっと長くなってきたので続きは次回、
「テレビっ子クラブ その3」で。


| | Comments (8) | TrackBack (0)

February 13, 2006

テレビっ子クラブ その1

テレビ好きである。
自他ともに認めるテレビっ子。

家に帰ったらコートを脱ぐ前にテレビをつけ、
テレビをつけたまま眠りにつき、朝までつけっぱ。
朝家を出るときにコートを羽織り、それからテレビを消す。
文字通り、「家にいる間はずっと」テレビがついている状態。

そんなテレビっ子の自分が、欲しくて欲しくてたまらず、
2003年の年の暮れに購入したのがソニーのスゴ録。

当時はまだ発売して間もなく、自分が買った下位モデルでも10万円弱。
1年間仕事を頑張った自分への褒美という名目で思い切って購入した。

160GBの容量で、CSなんぞには対応せず。
当然ダブルチューナーなんて機能もなく。
同じレベルのものは今なら5万程度で買えるでしょう。
ちなみに最新のスゴ録は、録画したものをPSPに移して持ち歩けたりと、
その進歩には目を見張るものが。

スゴ録を買って一番よかったのが、
フジテレビの夏の27時間テレビを最初から最後まで全て録画して見た時。
「なにを馬鹿な」と思われるかと思いますが、
『一度はやってみたかった』って感じですよ。
これこそテレビっ子の夢ですね。
しかも2004年の27時間はナイナイがMCの伝説の年。
夜から未明にかけてのところは未だに保存してます。


そんなスゴ録を買ってからというもの、
リアルタイムの番組を見るというのがめっきり減りました。
主にニュースくらいですかね。朝と晩の。

それ以外、テレビをつけている間は常に録画した番組を見てる状態。
今も「VVV6」見ながら書いてます。
そんなわけで、スゴ録で毎週大量の番組を録画してるわけですよ。
数えたら現在自分のスゴ録の予約リストに入っているのは26番組。
初めて数えましたが、明らかに多すぎですね。
1日あたり4番組弱!
オレ学生?

次回はその予約リストを大公開!

というか今回それを書く予定だったのですが
眠くなってきたのでまた今度。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

December 13, 2005

出揃いました 今年のM-1決勝進出者

いやー、今年もこの季節になってきましたねぇ。

今年で早5回目を迎えるM-1グランプリ2005

先週土日に東京と大阪で67組による準決勝が行われ、
月曜の正午ごろに決勝進出者の8組が発表されました。


アジアン(吉本興業 大阪)
麒麟(吉本興業 大阪)
品川庄司(吉本興業 東京)
タイムマシーン3号(ケーアッププロモーション)
チュートリアル(吉本興業 大阪)
南海キャンディーズ(吉本興業 大阪)
ブラックマヨネーズ(吉本興業 大阪)
笑い飯(吉本興業 大阪)

いやぁ、結構すごいメンツですね。
去年以上にフレッシュ(?)です。
この中で過去に決勝進出の経験があるのは、
昨年に続いての麒麟、南海、笑い飯、
そして密かに第一回に決勝進出しているチュートリアルの4組。
今年は随分大阪に寄りましたね。
何本もネタ見れてないコンビも・・・。

HPにある準決勝のメンツ見てもらうとわかりますが、
話題のあんな人や、実力派のこんな人も落ちてます。

今年飛ぶ鳥を落とす勢いのオリエンタルラジオやレイザーラモン、
去年の決勝進出組の東京ダイナマイト、POISON GIRL BAND、トータルテンボス、千鳥、
テレビで毎日のように見る安田大サーカスやレギュラー、
もはやベテランのジャリズムやハリガネロック、りあるキッズ、
大阪じゃかなりメジャーなザ・プラン9にロザン、
グイグイキテるとろサーモンやイシバシハザマ。

で、こんな中勝ち抜いた8組です。
そういえば次長課長やタカアンドトシはいないんだなと思って調べたら、
彼らは既に参加規程の結成10年以内を超えているようで。
品庄も今年がラストチャンスのようです。

僕の愛する笑い飯は4年連続の決勝進出。
いいのか悪いのか最多出場ですね。きっと悪いんですけど。
他はみんな優勝して抜けていってますから。

さて、去年同様今年も予想してみましょうか。

去年は当日に抽選で順番が決められたのですが、
今年は昨日の発表の段階で既に抽選が行われた模様。
順番はこちら

期待の笑い飯はなんとトップバッター。
まだ会場が温まっていない中での登場。
去年ここではずした千鳥の二の舞は避けたい。
これは明らかに不利ですね。
でもそこは経験でカバーすることを期待。

続くアジアンは今年ABCのお笑い新人グランプリもらったりと、
かなり注目されてる女性コンビ。
でも何回か見てるけど全くもって面白いと思わない。
なんで決勝残ったんだろ。どんなネタやったんだろ。
これだけはホントわからない。納得いかない。
ファンの人いたらすみません。

気を取り直して次は南海キャンディーズ。
去年のM-1での活躍により一躍全国区になり今年大ブレイク。
でも去年の1本目のネタ以外はどれもなんだかイマイチ。
火を怖がるサイや、「これはクリリンの分!」を超えれるか。

そんでもってチュートリアル。
大阪じゃかなり知られた実力派。
って噂は聞くけど実はあんまりネタ見たことない。
でもホノルルマラソンに行ってて昨日の会見出れてないってのが笑える。

ブラックマヨネーズ。
彼らも数回見た程度。うーん、東京じゃなかなか見られない・・・。
でも実力派との評判。
いいな、大阪。
正月帰ったときに色々見よっと。

そんで品庄。
ずっと「俺ら伸び悩んでる」と自虐的にネタにしてたが、
最近の活躍は目を見張るものが。
テレビでは脇で盛り上げる姿ばかりが目立つが、漫才もかなり面白い。
前に何のネタだったか忘れたが、腹抱えて笑った記憶が。

そしてタイムマシーン3号。
今回のダークホースか。
ちっこい方の巧みな動きで笑わせる。
ウガンダ、極楽山本の系列の動けるデブ、歌えるデブ。
自分の好みではないけど、いいとこ行くと思われます。

最後が麒麟。
安定してるんでしょうね。
でも個人的にはそこまで好きではないって感じ。

でその後に来るのが敗者復活枠。
去年でいうとこの麒麟、一昨年のアンタッチャブル。
いずれもその勢いのままファイナルの3組に残っている。

去年諸事情により出てこれなかった紳介さんが、今年は大会委員長として復活。
それが審査にどう影響がでるか。松ちゃんも出てきます。

で、結局予想はどうなんだって?
ネタ見れてない人もいるのに予想するのも何ですが・・・。

決勝に残るのは、希望的観測で笑い飯。
ラストチャンスにかける品庄。

タイムマシーン3号が勢い見せてそこそこ高得点を出し、敗者復活枠との戦い。
敗者復活であがってくるのはトータルテンボス。
その場合は彼らがファイナルへ。
もしくは”あるある”じゃないネタのレギュラー。
でもレギュラーの場合はタイムマシーン3号がファイナルへ。
ハリガネロック、東京ダイナマイト、イシバシハザマ、千鳥も頑張ってほしいけどなぁ。

で、優勝は笑い飯。
うーん、自分で書いててちょっと自信ない。
でも間違っても去年のような無様な姿は見せないでほしい。
今年は彼らも期するところがあるでしょうから。
きっとやってくれると思います。


決勝はクリスマスの夜。
当日はうっかり芝居のチケット取っちゃったので、
帰ってきてからビデオで観戦。

間違っても結果をメールで送ってきたりしないでください。

いや、これ振りじゃなくて。
お願いします、マジで。

| | Comments (2) | TrackBack (14)

August 17, 2005

♪たーらこー たーらこー

CIMG1548

某食品メーカーに勤める友人からGETしたストラップ。
この写真見せたら”某”って書いてる意味ないんですけどね。




このCM自体はちょっとキモチ悪くて僕的にはちょっと。。。
「♪たーらこー たーらこー たーっぷり たーらこー」って
このたらこキューピーの大群が進んでくるやつ。
曲が頭ん中で回ってます。

小さいものの大群って苦手なんですよ。
あの都市伝説というか怪談の定番で、
「海で足を怪我して痛くなって病院いったら
膝の皿の裏にびっしりフジツボが・・・」みたいなのも駄目です。

って鳥肌立てながら文章かいてます。
あれに近いものを彷彿してしまいます。


でもこの単体のストラップはいい!
すごくいいっ!

なんで長年ストラップなしのケータイ生活でしたが、
久しぶりにつけてます。

よくも悪くもCMはインパクト大だったようで、
実際に売れてるらしいです。
それまではS&Bのが圧倒的だったそうで。


あと「電車であのストラップをしてる人を見たけどどこで手に入るのか」
みたいな問い合わせも多いらしいです。
商品にベタ付けしたり、WEBで販売したりしてたそうですが、
今はやってないみたい。
好評だそうなのでまたやるかもしれないですね。

手っ取り早く手に入れたい方はオークションをどうぞ。
1000円弱の値段ついてます。

-------------------------------------------

そういえば友人が言ってました。
「1000個に1個、金色のがある」って。
この方お持ちです。
ほんと、浅草のう○こビルのオブジェみたい。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

May 08, 2005

ドーンドーンドーーン

GWも残すところあと一日。

録画したままなかなか見られずに楽しみにしていた
「タイガー&ドラゴン」を一気に見ることに。

最近はあんまり連ドラも見ませんが、
野沢尚氏亡き今、クドカンは名前で見る唯一の脚本家。

去年も世の中がみんな30%超えの「白い巨塔」見てた時に、
その裏でひっそりやってた「マンハッタン・ラブストーリー」見て爆笑してました。

今回のドラマ、長瀬演じるヤクザがふとした事で笑いに目覚め、
センスないくせに落語家に弟子入りして勉強する物語。
毎回古典落語をベースに、現実の物語が落語の話とリンクする構成の1話完結モノ。

正月に見逃したスペシャルの再放送を見て
改めてクドカン天才!と思って連ドラ楽しみにしてたのに
第一話は早速録画し忘れ。

気を取り直してその後の2-4話を一気に見ようと思ったら
なんと3、4話は野球延長のため半分しか録れておらず。
なので「茶の湯」も「権助提灯」も前半しか見られず。
4話まで終わってんのに結局「饅頭怖い」の第2話しか見られて無いじゃん!

野球延長のバカヤロー!俺の楽しみを返せー!

泣きながらスゴ録の録画設定を早速延長対応モードに。。。
来週からは全部見てやる。

半分しか見れないから当然物語の楽しさも半分以下に。
ストーリーと関係なく楽しめるのは、
頭弱い女の子役の伊東美咲がチョーカワイイって事。
俺もメグミに騙されてぇ。

ホームページ見たら「再放送も当分予定なし」って書いてあるし、
誰か録画してる人、僕に貸してもらえませんか?


ところで、「タイガー&ドラゴン」のHP見てて
人物相関図ってページ見てたら前に聞いたある話思い出した。

ジャニーズ事務所ってネットにタレントの画像出すの絶対許可しないらしいですね。
だからこのページも他のキャストの写真はあるのに
主演の二人(TOKIO長瀬とV6の岡田君)は写真なし。
他のページ(あらすじとか)見ても絶対二人の写ったものは出てこない。
それは「エンジン」も同じ。
キャストインタビューもキムタクの回はヘルメットの写真に。
肖像権の問題なんでしょうが、制作サイドは大変でしょうね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 01, 2005

肝っ玉母ちゃん

今日アカデミー賞の発表がありました。
ディカプリオやスコセッシ監督が受賞を逃した方が話題になってますが、
公開されたら「ミリオンダラー・ベイビー」も「アビエイター」も見るつもりです。

そっちはさておき、毎年その前日に発表される、ゴールデン・ラズベリー賞
ここ数年は普通のニュースでも紹介されるのですっかりお馴染みですが、
一応説明しとくとアカデミー賞に対抗して、その年の最低映画を表彰する祭典
デミ・ムーアやスタローン、マドンナ、ケビン・コスナーあたりが常連ですね。

そん中で今年主演女優賞に選ばれたのが、
「チョコレート」でオスカーも獲ってる実力派のハル・ベリー。
見事「キャットウーマン」での受賞です。

この賞は受賞しても誰も授賞式には来ないで、
勝手にやりたいやつらでおちょくってる、って感じなのに、
なんとご本人が登場しちゃいました。

確か何年か前に、ポール・バーホーベン監督が
でっかい昆虫ロボットみたいなのが戦争する映画だったか、
「ショーガール」だったかで監督賞を受賞したときに
本人が開き直って登場したのを覚えてますが、
オスカー女優クラスが登場するなんて前代未聞。

オスカー獲ったときの自分のコメントをパロって挨拶したり、
マネージャーを壇上に上げて
「これからは出演料だけじゃなく、脚本もチェックしてね」なんて
コメントしたりと、なかなか肝の座った姉ちゃんですね。
素敵です。

デミ・ムーアやマドンナあたりも
次回受賞時は是非彼女を見習ってもらいたいものです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 25, 2005

少子化時代を生き抜く女性ファッション誌?

長らく更新さぼっておりました。

今週とある事情で家にいる事が多く、
普段は見ない昼間のテレビを目にすることが多かった。

その中で気になったのは「CanCam」のCM
気になったといっても内容は別に普通。
山田優、押切もえ、蛯原友里の3人が
曲にあわせて踊っていて最後にモデルの声で「CanCam!」っていう
まぁいつものパターン。ちょっとGAPのCM意識してる?

モデルの名前をさらっと書いて、さも知ったような顔をしたけど
顔と名前が一致するのは山田優のみ。
押切もえは名前は知ってるけど顔との一致はやや怪しい。
最後の子は正直知らない。

それはさておき、何が気になったかと言うと
2日連続してこのCMを見たのが
「徹子の部屋」の番組中のCMだったという事。

手元に正確なデータは何もないけど、
「CanCam」って多分女子大生がメインターゲットだよね。
なんで「徹子の部屋」なんだろ?
しかもゲストは奈美悦子と翌日は池乃めだか。

俺の知らない間に「徹子の部屋」の視聴者層が下がったのか、
「CanCam」側がおばさん層へのシフトを狙ってるのか。
はたまた教育テレビの影響で、山崎邦正やいつもここから、
野村萬斎らが幼稚園児の間で人気があるように、
俺の知らないところで女子大生には
隠れ奈美悦子ファンや隠れ池乃めだかファンが多いのか。

ホームページには以下の案内が。
-------------------------------------------------------
CanCamテレビCMは、以下の番組などで放送されます。チェックしてね!
「めざましテレビ」(2部)、「笑っていいとも!」、「スーパーニュース」(以上、フジテレビ系)。
「やじうまプラス」、「スーパーモーニング」、「ワイド! スクランブル」、
「報道ステーション」(以上、テレビ朝日系)。
-------------------------------------------------------

「めざまし」や「いいとも」はなんとなく分かるけど、
それ以外はいまいちピンと来ない。

でも書きながら思ったんですが、今大学生は試験も終わって春休み真っ只中!
自分が学生の時もそうだったけど、「いいとも」が終わるか終わんないかくらいに
起きてきて、なんとなくテレビをつけていたっけ。

13時台ってドラマばっかりで、あんまり見るものないんですよねぇ。
仕方なく「ごきげんよう」とか見ながら、ゲストによっては「徹子の部屋」見てたかも。
同じく「スタジオパークからこんにちわ」とか。

バイトだなんだと用事もあるから毎日家にいるわけではないし
ドラマ追っかけてる人は少ない事を考えると
「徹子の部屋」って妥当な線なのかな。

ってな事を考えながら過ごした冬の一日でした。

どうでもいいけど、黒柳徹子はゲストのトーク中に無理やりCM挟もうとしすぎ!
生放送でもないのに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)