May 31, 2005

二子山親方逝く。

先代貴ノ花の二子山親方が亡くなられた。
55歳だそうだ。自分の親父よりも若い。
いち大相撲ファンとして、心よりご冥福をお祈りしたい。


今年28歳の私は、先代の全盛の頃に生まれ、
引退したのも自分がまだ4歳の時。
いくら大相撲ファンを自認しているとはいえ、
さすがに彼の現役時代をオンタイムでは知らないが、
若貴ブームの頃などに、昔のVTRは度々目にしてきた。

小さな体で横綱まで上り詰めた2代目若乃花の、
土俵際での驚異的な粘りはいつも
父親である先代のそれに例えられていた。

引退後は親方として二人の子供を横綱に育て、
一大旋風を巻き起こした”若貴ブーム”の陰の立役者となった。
二人以外にも、安芸の島、貴闘力、貴ノ浪など数々の名力士を育て、
「名選手は名将にあらず」という言葉が全く当てはまらない人だった。

そんな偉大なる先代・貴ノ花だが、正直自分はそんなに思い入れがない。
かと言ってふたりの息子が好きかというとそうでもなく、
その間の時代に生きた大横綱・千代の富士貢のいた時代に熱くなる相撲っ子である。

その千代の富士と、花田親子には因縁めいたものがある。
先代・貴ノ花は、当時関脇の千代の富士に敗れ引退を決意し、
その10年後、横綱・千代の富士に引退を決意させたのは、
息子である二代目・貴ノ花(当時 貴花田)であったという
ドラマティックなエピソードはあまりにも有名。

なんだか話がとっちらかってきたが、
私が好きな千代の富士貢のいた時代というのは、こんな時代である。

・4横綱4大関など、上位の層が非常に厚かった時代
・黒いまわしが許されるのは、千代の富士だけだと思っていた時代
・「益荒雄旋風」が吹き荒れた時代
・益荒雄を思い浮かべようとすると、写楽の絵が浮かんでしまう時代
・小錦より大錦の方が格段に小さい事に疑問を感じた時代
・自分の中では琴ヶ梅とスーパーマリオのキラーがそっくりだった時代
・大徹の黄土色のまわしに違和感を覚えた時代
・巨砲は「きょほう」でなく「おおづつ」な時代
・きりんじは「ミュージシャン」でなく「力士」な時代
・若瀬川の背中毛(せなげ)を、出番直前まで稽古していたためについた砂だと信じていた時代
・「限界っ!」の枕詞は「体力の・・・」だった時代


すみません、多くの人にはチンプンカンプンな内容だと思います。
でもこんなコネタに反応してくれる人にはこちらがお勧め。

<goo大相撲 歴史に残る名勝負>
相撲ファンにはお馴染みの名勝負が満載です。


冒頭で”いち大相撲ファン”と書きましたが、最近はとんとご無沙汰。
ごく一部の力士以外は名前すら知りません。
大相撲ダイジェストも終わっちゃったみたいですしね。
寂しい限りです。

まとまらなくなった今回のブログですが、今回言いたかったのはこれ。

貴乃花親方のこの髪型は如何なものか・・・。
「言葉にならない」貴乃花親方が会見

| | Comments (3) | TrackBack (0)

March 15, 2005

他にも処分すべき人がいるかと・・・

酔って六本木で見知らぬ女性の胸を揉み、
現職の国会議員としては40数年ぶりの現行犯逮捕となった
中西一善氏が自民党を除名処分されたそうな。

中西前衆院議員を除名 自民「品位けがす行為」


本人から出された離党届けを受理せず、「除名」という形に。

まあこの方の処分に関してはいたし方ないかと思われますが、
「品位をけがす行為」という意味では
数年前のYタクさんも負けず劣らずという気がしますが。
あと1億円懐に入れてしらを切るH龍さんだってねぇ・・・。

新人議員はバッサリ行くけどベテラン議員には寛大な自民党。
なんだかなぁ、、、って感じですよ。


さて今回の事件があった翌日、地下鉄の売店の前面に垂れ下がる
夕刊紙の広告を見ると


夕刊フジ 「ハレンチ中西」

日刊ゲンダイ 「乳もみ中西」


という文字が。

「乳もみ中西」って・・・。
「ハレンチ」はまだしも自分の苗字の枕詞に「乳もみ」って。
いくらなんでもそりゃないっすよ、ゲンダイさん。

全国の中西さんが、学校や職場で苛められてはいないか心配です。。。


| | Comments (0) | TrackBack (0)