« May 2007 | Main | December 2007 »

November 04, 2007

久米さんも筑紫さんも同志

広島が好きである。

サンフレッチェではなく、お好み焼きでもなく、
カープが、である。

そう言うと、奈良出身なのになんで?と聞かれる事が多い。
が、特に理由はない。
ヤクルトファンの親父と、巨人ファンの兄、
それらに対抗するように阪神ファンになったその日のデーゲーム、
テレビ中継されてた阪神-広島戦を見ながら、
「今日阪神負けたら広島ファンになる!」と子供な発言。

見事敗れた阪神を1日で捨て広島ファンに。
そんな時から早25年近く。
生粋の広島東洋カープファンである。

どれくらい好きかというと、
今シーズンも3回ほど球場に足を運び、
子供の頃は、広島のユニフォームを模したパジャマを着て眠り、
伝説の助っ人外人リチャード・ランスとは同じ誕生日、
ここぞと言う時には生稲晃子の「麦わらでダンス」を聴き、
当たってなくても当たったと思わせるための演技力を日々磨くという徹底ぶり。

そんな愛すべきカープだが、成績はこの数年さっぱり。
9年連続Bクラス(4~6位)だし、
楽天を除けば一番優勝から遠ざかってるチーム。
自分が中2の時に優勝したのが最後。
中学の授業中にポータブルラジオのイヤホンを袖に通して
西武との日本シリーズを聞いてたのを覚えている。

そんな愛すべきカープが、今オフは本当にピンチである。
エース黒田と、4番新井が同時にFA移籍の可能性があるからだ。

黒田は去年FA権を取得したが、行使しなかった。
ファンが残留を求めて球場にかけつけ、
そのファンの気持ちが後押しとなってFAしなかった。
その会見は何度見ても泣きそうになる。
が、黒田は既に今年FA権の行使を明言している。
国内移籍はなし。メジャーに行くか、残留するかの2択。

一方の新井は今年権利を取得。
今オフのFA市場の目玉といわれている。

他の球団にとっては、FAは出て行く人も入ってくる人もいる。
が、12球団唯一の市民球団の広島にとっては、
膨大な資金力が必要となるFAは、
出て行くことはあっても人が入ってくることはない。
過去にもエースの川口、主砲の江藤や金本が他球団に移籍している。
そんな悲しい歴史の記憶がファンの頭をよぎる。

広島のファンは熱いのが多い。
関東で試合をすると、相手チームファンよりも
スタンドを埋めることも少なくない。
去年の黒田、今年の新井も、
フロント以上にファンが全力で移籍を防ごうとしている。

一方で選手も熱い。
黒田は「カープ相手に全力で投げる自分をイメージできない」と残留し、
新井も「ここまで自分を育ててくれた球団に対する思いは深い」と
揺れる気持ちを度々語っている。
ふたりとも「カープで優勝したい」という事を口にしている。

カープにはもうひとり、偉大すぎるバッターがいる。
今年2000本安打を達成した前田。
落合やイチローも「天才」と認める打者だ。
彼も数年前にFA権を取得しているが、
即座に残留を決めた。
会見では「今年使わないということは、今後も使わないということ」と、
生涯カープを明言している。

そんな熱い選手が多いのだ。
ファンも熱けりゃ選手も熱い。
そんなチームである。

が、残念なくらいチームは弱い
9年連続Bクラスというのは紛れもない事実。
メジャーでワールドシリーズを闘う日本人がいる一方で、
セリーグのクライマックスシリーズにも手がかからない。
「優勝争いをしたい」と口にする彼らの現実はあまりにも厳しい。

が、優勝争いをするのは選手自身。
ファンの力は後押しにはなれど、本質ではない。
彼らが出て行けば、カープの戦力ダウンは否めない。
戦力ダウンというか、もはや壊滅状態である。

優勝争いの舞台を外に求めるのではなく、
自身の頑張りで優勝争いをして欲しい。
ファンは切実に思う。

彼らは去ってしまうのだろうか。。。
黒田は5日に宣言をするらしい。
新井も11日までに結論を出すという。

酒を飲めるようになってから、カープの優勝が見れてない。
来年こそは勝利の美酒に溺れられますように。

ちなみに他の同志はこちら


更新:2007.11.5 17:15
Yahoo!ニュース
広島・黒田がFA宣言=大リーグ挑戦か残留か決断へ


更新:2007.11.7 15:20
Yahoo!ニュース
広島の新井、FA宣言へ=移籍濃厚、阪神など関心
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071107-00000056-jij-spo

| | Comments (5) | TrackBack (2)

« May 2007 | Main | December 2007 »