« December 2006 | Main | February 2007 »

January 15, 2007

「カモン!はなまるボックス!!」で飛んでた彼は今何処?

朝は8:30頃過ぎに家を出る。
9時の始業に間に合うように。
会社までドアtoドアで30分弱。
まあ、正確には8:45頃に出ることもままある。

8:30と言えば「はなまるマーケット」の始まる時間。
根っからのテレビっ子の自分は、
目覚めとともにテレビを点け、
準備しながらザッピングし、
コート着てからテレビを消すような朝の生活。

去年春頃までは「めざましテレビ」、「とくダネ」を贔屓にしてたが、
いつの間にやら「朝ズバッ」を見ることが増えた。
あさ~い内容の同じニュースを延々と流すのではなく
8時またぎとかである程度掘り下げる「朝ズバッ」の方が見ごたえが。

で、その流れで8:30からは「はなまる」が始まるのだが、
先週のある日、冒頭で海保アナが
「今日のはなまるカフェのゲストは吹石一恵さん」と紹介。

日替わりのゲストを呼んでのトークコーナー「はなまるカフェ」のゲストは、
改編期になると新ドラマのキャストが番宣のために出てくることが多い。
彼女も昨日始まった話題作、
「華麗なる一族」の番宣のために出演。
そこでスゴ録で録って出勤。

そう、吹石一恵。
僕はこの女優が結構好きである。

Fukiishi











前に誰かにこの事を言うと、「意外!」という反応があった。

もうかれこれ10年以上、
僕の一番好きな顔は中谷美紀。これは不動。
上原多香子も好きな顔だし、ややきつすぎるが柴咲コウも嫌いではない。
最近だと松下奈緒もどストライク。
飲み会でそう言うと、女の子に軽く嫌な顔されるラインナップ。
(「ほしのあき」とか言う方がいいらしい。)

で、その系統で言うと、吹石一恵は”意外”らしい。

VTRで出演のキムタクが、
「吹石一恵さんの魅力は?」と聞かれた時の答えが・・・。


目。目ですね。
僕は、吹石さんが生まれた時からどんな家族がいて、
どんな経験をして、どんな恋愛をしてきたか知らないけど、
いい時間を過ごしてきたんだろうなという目をしてますね。

Eye











流石ですね、この男。
伊達に10年以上てっぺん張ってません。
的確な指摘ですね。

そう、ちゃんと育ったんだろうなぁという雰囲気。
僕と同郷である奈良育ちのくせにこの品のあるお顔。
意志の強そうな立派な眉。
絶妙なバランスなんですなぁ。

あまりに素敵なもんで。
その昔、コンビニで見かけたこんなのも買ってしまいました。
まあこんな人こんな人のも買ってるんですが。

とにかく素敵な女優さんです。

まじめにこんなの書いてて「こいつキモイ」と思ってるそこの女子。
今後もこんなのもたまに書いていきますんで。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

January 04, 2007

去年のベスト

皆様あけましておめでとうございます。
新年は実家の奈良でゆっくりしとります。
今年もどうぞよろしくです。

さて、新年1発目は去年行った店を振り返ろうかと。
前はグルメレポート的なのもよく書いてましたが
最近はあんまり書いてません。
ついついネタ的なものを書こうとしてしまいまして。

元々の食いしん坊にこの数年拍車がかかり、
よりおいしい物を求めて彷徨うようになっちゃってます。
今は仕事がそれなりに忙しく
飲みの機会もたいてい週末に限られてますが、
これでもう少し余裕ある形になるとやばいですね。
確実にお金がもちません。
定期的に見てるグルメ系ブログなんかもありますが、
ああいう方たちはどうやってあんなに色んな店行くんですかね。

さて、それでは去年行った店を振り返ってみますか。
ケータイに登録されてる店を見ながら、
なんとなく思い出して行った回数を書き出してみます。


蟻月<もつ鍋/恵比寿>・・・2回
かね萬<もつ鍋/乃木坂>・・・2回
もつ屋くうたら<もつ鍋/赤坂見附>・・・2回
ぬくぬく家<博多料理/渋谷>・・・2回
ぶち<ホルモン焼き/渋谷>・・・2回
名門<焼肉/四谷三丁目>・・・2回
故宮<台湾料理/渋谷>・・・2回
黒猫夜<中華/赤坂見附>・・・2回
くおん<和食/恵比寿>・・・3回
イマドキ<もつ鍋/西麻布>・・・3回
鳥小屋<もつ鍋/中目黒>・・・3回
DAL-MATTO<イタリアン/西麻布・恵比寿>・・・3回
のろ<お好み焼き/天現寺>・・・3回
きばいやんせ<鹿児島・宮崎料理/神宮前>・・・3回
机<居酒屋/外苑前>・・・4回
鳥田むら<焼き鳥/新宿三丁目>・・・4回
まんてん<ホルモン焼き/中目黒>・・・4回
割烹しまだ<和食/表参道>・・・7回
あじくら<ホルモン焼き/渋谷>・・・7回


ついつい同じ店ばかりになっちゃうので
去年はなるべく新規開拓するように心がけてました。
こうやって改めて見ると偏ってますねぇ。
もつ鍋とホルモン焼きに。

いくつかさらってみますと・・・
12月に初訪のぬくぬく家
一歩間違えうと道玄坂の風俗店のようですがそうでなく。
”もつ鍋”とありますが水炊き水餃子の方が美味!
遅くまでやってるのと広い座敷があるのとで使い勝手よし。
駅から少し離れてますが、渋谷の中ではなかなか使える店かと。

名門は美味いですが、いい値段いっちゃいますね。
12月に行ったら、あの名物店長が
入院されてると聞きましたが大丈夫でしょうか。
店の方は「顔面のリフォーム」なんて笑ってましたが。

おととし初訪の店でダントツ№1だったDAL-MATTO
最初の頃の感動がなくなったと思ってましたが
12月に行ったときは久々に感動。
できれば月イチくらいは行きたい。

のろは去年初訪。
本人もテレビでよく話してますが、
紳助さんが出資する店として有名。
叶美香さんがお姉さんに言われて
テイクアウトしにくるとか(あの格好で)。
不便なロケーションですが、
無性にお好みが食べたい時に行っちゃいます。

きばいやんせは地鶏と焼酎の店。
しばらく行ってなかったのですが
去年久々に行くとやはり相当美味い。
今度行ったらボトル入れよっかな。

オフィスが外苑前から移転しちゃったんで
めっきり行く回数が減りましたが
特に夏場はの生ビール飲みに行っちゃいます。

決して有名店ではないですが
鳥田むらは一番好きな焼き鳥店。
一人でも飲みに行ける数少ない店。
たまに末広亭終わりの有名な噺家さんがいる事も。

まんてんは去年たまたま雑誌で見て初訪。
レベル高いホルモンはもちろん、
豚のレバテキとかハツのユッケも美味。
好き嫌いあるかもしれませんが
やたら元気にボケたりつっこんだりしてる店員さんも
自分的には◎。

しまだは忘年会での訪問が3回という極端な形。
カレーうどんはここのが一番好き。

あじくらは定期的に会社の連中や友達と行ってますね。
ここのレバ刺しサイコー。


で、12月に入って
”今年は感動のある店ってなかったなぁ”
なんて思ってたら、年末に入った店が大当たり。
それが会社の近く、赤坂見附の黒猫夜
ちょっと感動して3日後に再訪しちゃいました。


Kamonoshita








百家風鴨舌の炒め
ここの名物。
鴨の舌だそうです。
これ病みつきです。
そこらじゃ食材も買えないでしょうし、
味も家では再現できません。


Hitsuji








ウルムチの羊串焼き
これもここの名物みたいです。
これはまあまあ。


Suirensai








水蓮菜の炒め
これ、初めて食べました。
空心菜とか豆苗の炒めと似た感じですね。


Hohoniku








マグロ頬肉の漁師風炒め
これは見てもよくわからないと思いますが、
いろんなスパイスやらパン粉と一緒に
炒めてあるものだそうで。
なんで”漁師風”なのかは謎ですが、
これも家で再現は無理ですね。


あと写真ないんですが、
お通し的に出されたもので、
ホタテをウーロン茶で燻製にしたとかいうのがあって、
これも初めて食べる味でしたが絶品でした。

もっと大人数で行っていろんなもの食べたいです。
それと中国の蒸留酒、醸造酒の取り揃えが非常に豊富。
早くも今年一番通う店になる気が・・・。

今年はもっと和食系の店を攻めようかと思ってます。
いよいよ30代突入の年なんでね。

あ、「この店連れてけ」とかあったら連絡ください。
新年会でも飲み会でも何でもいいんでやりましょう。


| | Comments (28) | TrackBack (0)

« December 2006 | Main | February 2007 »