« July 2006 | Main | December 2006 »

October 06, 2006

いつか(ビッグサイトまで)辿りついたら君に打ち明けられるだろう、か?

なんと3ヶ月近くほったらかしだったこのブログ。
久々の更新です。

今日は何を書こうとしているかというと。。
とあるご報告がありまして。。。


来年2月、フルマラソンを走る羽目になりました。


気分が乗らないので今、ZARDの「負けないで」を聴きながら書いてます。


コトの発端は数ヶ月前。
大学の友人Aからのメール。

「東京シティボーイの皆様へ」

そんな件名のメールには、
来年2月、これまでプロのための大会だった東京国際マラソンが、
来年から一般人も参加できる市民マラソンになるそうで、
その記念すべき1回目に皆で出ない?って提案が。
その友人は既にエントリー済みとのこと。

あいつ元気だな。。

なんて他人事に思いながら、横にいた会社の同僚女子にメールの事を告げると、
「えっ、私も申し込みますよ。」と予想外の答え。

そんなこんなあって、友人や同僚に背中を押されつつ
締め切り寸前の8月半ばにノリで自分もエントリー。
まあみんなで楽しく走ればいいか、って感じで。

ところが。
漏れ聞こえてくれるとこによると、
どうやらこれが大人気らしく、
相当多くの人がエントリーしてるらしい。

あと、よく行く新宿3丁目の焼き鳥屋のおやじが結構な市民ランナーで、
店でこの話をすると当然おやじもエントリー済みとのこと。
で、なんちゃらマラソン連盟みたいなのに登録してあって、
過去のそれなりの記録が残ってるから自分はまず当選する、
とえらく自信ありの模様。
おやじ曰く、「それなりに走れる人間を優先して選ぶだとう」と。
自分は切られるかもな、なんて高をくくってたわけですよ。

そして今日、件の同僚女子と一緒に打ち合わせから社に戻ると
メールチェックするなり「あ、東京マラソン落選だって」と女子。
やる気満々だったらしく、ショックを受けてる模様。

急いで自分も事務局からのメールをチェックすると。。。

----------------------------------------
このたびは東京マラソンへご応募いただき、誠にありがとうございました。
平成18年6月18日から8月18日の募集期間にて定員を大幅に超える応募があり
厳正なる抽選を行いましたところ、当選とさせていただきました。
----------------------------------------

あらら。当選しちゃったよ。

横で羨ましがる同僚女子。
すかさず言いだしっぺの友人Aにメールで聞くと

「落選」

との返答。
・・・・ヤな予感。
もうひとり、エントリーしたのを聞いてた友人にメールするも、そいつも「落選」。

ちょっと、ちょっとちょっと。

今までで一番感情のこもった”ちょっとちょっと”だよ。
話が違うよ。
みんなで走るって企画じゃなかったっけ?

この企画を知ってる連中と
「自分だけ当選とか嫌だよなぁ」なんて言ってた冗談が
やや現実味を帯びてきた。
昔から運だけはいいんだけど、こんな形で仇になるとは。

他のみんなはどうなんだろ?
その前にあのメールを受取ったうちの何人がエントリーしてんだろ?

そんな感じでやや動揺してるんですが、
まあこんな機会でもないとこの不健康な生活から
抜け出すきっかけもないだろうし、
と気を取り直して大会HPを改めて見る。

なんですか、これ

無理無理無理無理。ギブ。

42.195kmってこんなにあるの?
電車乗ってもこの移動は大変でしょ。
スタート地点は家の近所だけど、
ゴール地点遠いなぁ。
汗だくでどうやって帰るんだろ?

あーーーー、エライくじ引いちゃったなぁ。
この権利、ヤフオクとか出せないかなぁ。
いい値段つきそうなのに。

ま、前向きに頑張りやす。
もうあと136日らしいんで準備始めないと。
とりあえずは毎日「それが大事」を聞きながら床に就き、
「サライ」で起きる生活にします。


| | Comments (12) | TrackBack (0)

« July 2006 | Main | December 2006 »