« August 2005 | Main | October 2005 »

September 24, 2005

雲行き怪し

琉球フェス開催と共に台風17号が近づいている今日この頃、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、いよいよ明日に迫った琉球フェス、ご存知の通り予報は見事に雨。
しかし沖縄に台風はつきものなので、これくらいじゃビビッてません。

第一、最近の天気予報なんてはずれてばっかり。
そりゃ神無月も「まーた外しちゃったよぉー」って良純の真似しますわ。
明日はきっと台風がそれて、午後は晴れ間が覗くでしょうと
僕のアメダスは言っております。

一体なんの話?という方、去年のレポートをご覧ください。

簡単に説明しますと、毎年この時期に
日比谷の野外音楽堂で開催される、
沖縄系アーティストが集まるフェス。
僕は今年が3回目の参加。

登場するのは琉球民謡系のアーティストが多いのですが、
昨年あたりからちょっと方向性が変わり、
去年はオレンジレンジ、今年はD-51やRYUKYUDISKOといった
若者受けするアーティストもチラホラ。

僕が毎年一番楽しみにしてるBEGINは、
今年は残念ながら出場しないようです。
(ちなみに先日某スポーツ紙で報道された、
「BEGIN活動休止!」は全くの誤報。)

とにかく昼間っから琉球音楽聴きながら、
ご機嫌にオリオンや泡盛飲む日なんです。

しかし今年は雨。
会場はその名の通り”野外”音楽堂なので、
雨降りゃ観客はびしょ濡れです。

去年のように弁当箱広げて色々つまむ事はおろか、
ビール飲んでる場合じゃないかもしれません。
でも基本的には中止はなし。
雨天決行です。
過去にも数多くのアーティストが、
大雨の中での伝説の野音ライブを残してます。

なので明日はカッパ用意して参ります。
ちょっと心配なのは、毎年観客はおじい、おばあが多い事。
台風の中での開催となった場合、彼らはどうするんでしょうか。
雨でも来るかな?
「なんくるないさぁ~」って。
(なんとかなるさ、の意)


レポートは後日ここで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 22, 2005

これが私の生きる道

政治ネタ3連発の後、10日間ほったらかし。
ちょっとネタが偏りすぎたかも。

ブツブツ政治の文句書いてたら9.11に過ぎちゃってました。
何かと言うとこのブログの開設記念日。
選挙の日がちょうど1周年でした。

この1年で書いた記事数はざっと数えたところ54本。
ほぼ1週間に1本のペースです。
色んなブログ指南本とか見ると、大抵どの本にも書いてあるのが
「なんでもいいからとにかく毎日更新すること。」

ハイ、全く逆行してます。
今回みたいに10日くらいほったらかしはザラ。
3週間くらい書かなかったこともあります。
でもいいんです、これで。

そりゃ毎日書ければいいんでしょうが、
仕事もあるしそういうわけにもいかんのですよ。
ホリエモンじゃないんで毎朝30分書くわけにもいかんし。

僕のブログは比較的長文です。
短くまとめるのが苦手なんですかね。
あれもこれもと書きたいこと詰め込んでるうちに長くなっちゃうんです。

これでも一応色々考えて書いてるんですよ。
はまっちゃうと時間かかるんですよね。
なんだかんだと2-3時間くらい書いてることもあります。

文章書くのは難しいですよ。
勤務中に会社で20~30分で書き上げた論文で
あれよあれよと”120%小泉チルドレン”の仲間入りを果たした
お調子者の村杉・オシャベリーノ・太蔵クン〔自民・新〕(26)
みたいなわけにはいかんのです。

どうでもいいですけど彼みたいなのはある意味楽しいですね。
「反感」なんて言葉知らないんですよ、きっと。
北海道の大地でのびのびと育ったんでしょうね。
そりゃ武部さんも怒りたくもなりますよ。

「当選して真っ先に議員報酬調べたら2500万ですよ、フォーーー!」

ですもん。ちょっとだけ誇張しましたけど。


話を元に戻すと、やっぱり時間かかるんで毎日は無理ですね。
なので今まで通りのペースで行きます。

これを機にこれまでのを読み返してみました。
既にリンク切れのとことかもありますね。
また徐々に修正します。

ちなみに過去の記事で自分が好きなのは・・・

■K-1も落ち目である。

■二子山親方逝く。

■ちょっくら飲んできます。   胃カメラを
■胃カメラ体験記

■揺れる

■死の大きさ


といったとこでしょうか。

こうやって続けられるのも、誰かが読んでくれてるから。
有難うございます。

「俺はこれが好き」、「こんなネタで書け」、「ちゃんと毎日書け」
そんな意見もあれば待ってます。


今後ともよろしくです。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

September 13, 2005

先輩、つーかオッサン、その道行き止まりだよ

このセリフ、覚えてる人もいるかと。

2003年にアメリカがイラクへの空爆を開始し、
すかさず米国支持を表明した小泉さんを痛烈に批判した、
ちょっと笑える窪塚洋介のメッセージ
横須賀出身のこの二人が同じ高校の先輩・後輩というのはわりと知られた話。

でも今回行き止まりの道に入っちゃったのは我々国民の方。

すごいですね、今回の自民の圧勝。
まさかこんな事になるとは・・・。

ヤマ○クが受かるんですよ?
犯罪者が何人も受かるんですよ?
正直、意味わかんないです。


「今回は郵政民営化に賛成か反対かを問う選挙なんです!」

小泉さんはずっとそう言ってました。
で、それを真に受けた国民が出した結果がこれ。


そりゃ郵政は別に民営化してもらってもいいですよ。
でも他にも色々ありますよね。
年金、増税、改憲・・・。

その度に小泉さんが選挙してくれると思ってるんですかね。

「今回は増税に賛成か反対かを問う選挙なんです!」

「今回は戦争に賛成か反対かを問う選挙なんです!」

そんなの絶対やってくれないですよ。
でも与党で327議席もあったらやられたい放題です。
反対する人間は今回みたいに排除すればいいんですから。

この国がだんだん間違った方向に進んでる気がする。
楽しい週末だったのに、なんだか憂鬱な月曜日。


あ、一応ご報告しておくと、もちろん宣言通りちゃんと投票してきました。
このブログから宣言してくれた方、有難うございました。


でも、こうなるとはなぁ・・・。


「先輩、その道だだっ広いあなたの専用道路っすよ。
頼むからあんまり飛ばさないでね。

どうせ暴走するでしょうけど・・・」

| | Comments (1) | TrackBack (1)

September 08, 2005

船の上でも投票できる!

6日に4000HIT達成。
ご愛読感謝です!!


さてさて、衆院選まであと3日。
ここ数日あんまりニュースとか見られていないですが
きっと世の中選挙で盛り上がってることでしょう。

かく言う僕も前回の投稿で、「選挙行くぞ!」と意気込んだのですが、
先日ある重大な事実に気がつきました。


あれが来ないんですよ。


「あれが来ない」ったって別に、
世の殿方が彼女に言われて焦る「アレ」じゃありません。
なんていうんですかねぇ、
「投票券」っていうんでしょうか。
「選挙券」ですかね。
多分違いますね。
とにかくお役所から届く選挙の案内みたいなのが来ないんです。

まわりの人間に聞いたところ、「とっくに来たよ」とのこと。
なんで来ないのかと考えたのですが、原因はすぐにわかりました。

そう、「引越し」です。
今からちょうど2年前に今の部屋に引っ越したのです。
確か2003年の9月7日。
そっから区役所に転居届けを出してません。

最初の1年くらいは郵便局も転送してくれますよね。
でも2年が経とうとしてる今、既にそんなサービスも終わってます。
何も知らない東京都の選管は、きっと前の住所に送ってることでしょう。

でも「引越し」と言ってもですね、大したことないんです。
前の部屋から今の部屋まで徒歩約3~4分。
代々木2丁目内での引越しだったんです。
前の部屋から今の部屋まで歩く途中に、
投票所となる代々木小学校もあります。


多分大丈夫だろう、と高をくくりながらも
”投票宣言”までして「投票行けなかった」じゃ話になんない。
慌てて東京都の選挙管理委員会に電話をしました。


RuRuRuRuRuRu・・・・

選「ハイ、東京都選挙管理委員会です」

電話に出たのは明らかにワカゾーな感じの男性。
二十歳前くらいでしょうか。
ニキビありそうな声でした。

た「あのー、2年前に渋谷区内で引越しをしましてですねぇ、
  転居届けを出してないものですから
  選挙の案内みたいなのが届かないんです。
  どうすればいいか教えていただきたいのですが・・・」

選「はい・・・」

た「いや、選挙もうすぐじゃないですかぁ。
  なんでどうすればいいですかね。
  区役所に何か取りに行くとかですかね?」
  (なんだこいつ、頼りないなぁ。。。)


まあ選管も今がかきいれ時。
そりゃ猫の手も借りたいとこでしょう。
コンビニ店員みたいにカタコトじゃなかっただけ良しとしましょう。

選「えー、少々お待ちください」

♪♪ しばしの保留音  ♪♪

選「えーーっと、今回は投票していただけません」

た「??・・・
  いやいや、どうしてですか。」

選「転居届けだされてないんですよね?であれば無理ですね」

た「いや、それはおかしいですよね?
  それで投票できなくなるんですか?」

選「そうですねぇ。
  前はどちらだったんですか?」

た「前も渋谷区内です。渋谷区代々木です。」
  (って言ったじゃん、さっきも)

選「あ、前も渋谷区なんですか。少々お待ちください」

♪♪ ふたたび保留音  ♪♪

選「あ、すみません。今回は大丈夫です。」

た「・・・・ あ、そうですか。ありがとうございます。
  じゃあどうすればいいですかね。区役所に何か書類取りに伺うとか・・・」

選「いや、投票所でお名前言っていただければ大丈夫ですので。
  投票所の場所はご存知ですか?・・・・(以下省略)」

   


      完
      全
      勝
      訴

ああ、よかった。
危うく国民の大事な権利を奪われるとこでした。

というわけで、無事選挙にも行けることになりました。
しかしもうちょっとまともな対応して欲しかったなぁ、選管。


あ、まだ「投票宣言」してない方はこちらからお願いします。
地域と年齢と、これまで投票した回数を選んで「投票宣言」のボタン押すだけ。


あとこっちもどうぞ。
『投票ラブ・ストーリー』
~ブログが選挙を変えていく!ブログで繋ごう投票の輪~


タイトルの洋上投票などについてはこちら

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 02, 2005

TOHIO LV

会社の後輩から、とあるプロジェクトを紹介されました。
そのプロジェクトの名は、〔1票いっとく?〕
彼の友達数人が自主的にやってるそうです。


ズバリこのプロジェクトの主旨は、
”今度の衆院選で20代の投票率を上げること。”

2000年に行われた前回の衆院選の20代の投票率は33%だったそうです。
低い気もしますし、そんなもんだろうという気もします。

そういう自分はというと・・・
行ったような行ってないような・・・。

すみません、覚えていません。


28歳現在、これまでに選挙に行った回数は4~5回くらいでしょうか。
政治学科卒としては恥ずかしい限りです。

基本的にはいつも選挙には行こうというスタンスです。
投票したい人がいなくても白票を入れる感じです。

ただ数年前にあった何かの選挙の時は、
ひどい二日酔いのせいで行けませんでした。
ベッドで横になって「ああ・・もう終わるな・・・」と思いながらも、
そのままベッドの上で投票時間終了、なんて事もありました。


こんなんじゃダメですよね。
という事で、自分も含めみんなちゃんと投票に行くように、
このプロジェクトにちょっくら参加させてもらいます。

とりあえず、このプロジェクトと連動して立ち上がったサイト
「投票ラブ・ストーリー」で投票宣言しときました。
宣言と言ってもまあそんな大層なものではなく、
「投票行きますよ」っていう自分への約束ですね。

このプロジェクト、よく考えられてまして、
ブログ持ってる人が協力できるようにこんなものも用意してくれてます。



なんかおかしなことになってますね、右っかわ。
まあ気にせず。。。
気になるけど。

日本でも選挙にブログが活用される時代なんですね。
よかったら皆さんも投票宣言してってください。
地域と年齢と、これまで投票した回数を選んで「投票宣言」ってボタン押すだけです。

どうですか?
これで選挙行かないと!って気になってきません?

GREEやMIXIをやってる人は、それぞれに
〔1票いっとく?〕のコミュニティもありますんでどうぞ。

ま、良くも悪くも注目が集まってる今回の選挙。
ほっといても20代の投票率も上がると思いますよ。
でもこういうの自発的にやるなんて素晴らしいっすね。

他にも色んな企画されてるみたいなんで、サイト見てってください。
投票宣言の現在の状況がリアルタイムでわかります。

『投票ラブ・ストーリー』
~ブログが選挙を変えていく!ブログで繋ごう投票の輪~


プロジェクト主宰者のブログ
「"投票ラブ・ストーリー"仮オープン!」


あと賛同してるサークル後輩のブログ
「苔結構苔」

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« August 2005 | Main | October 2005 »