« 白金の読みはしろかねなので、正しくは” シロカネーゼ ” | Main | 死の大きさ »

May 31, 2005

二子山親方逝く。

先代貴ノ花の二子山親方が亡くなられた。
55歳だそうだ。自分の親父よりも若い。
いち大相撲ファンとして、心よりご冥福をお祈りしたい。


今年28歳の私は、先代の全盛の頃に生まれ、
引退したのも自分がまだ4歳の時。
いくら大相撲ファンを自認しているとはいえ、
さすがに彼の現役時代をオンタイムでは知らないが、
若貴ブームの頃などに、昔のVTRは度々目にしてきた。

小さな体で横綱まで上り詰めた2代目若乃花の、
土俵際での驚異的な粘りはいつも
父親である先代のそれに例えられていた。

引退後は親方として二人の子供を横綱に育て、
一大旋風を巻き起こした”若貴ブーム”の陰の立役者となった。
二人以外にも、安芸の島、貴闘力、貴ノ浪など数々の名力士を育て、
「名選手は名将にあらず」という言葉が全く当てはまらない人だった。

そんな偉大なる先代・貴ノ花だが、正直自分はそんなに思い入れがない。
かと言ってふたりの息子が好きかというとそうでもなく、
その間の時代に生きた大横綱・千代の富士貢のいた時代に熱くなる相撲っ子である。

その千代の富士と、花田親子には因縁めいたものがある。
先代・貴ノ花は、当時関脇の千代の富士に敗れ引退を決意し、
その10年後、横綱・千代の富士に引退を決意させたのは、
息子である二代目・貴ノ花(当時 貴花田)であったという
ドラマティックなエピソードはあまりにも有名。

なんだか話がとっちらかってきたが、
私が好きな千代の富士貢のいた時代というのは、こんな時代である。

・4横綱4大関など、上位の層が非常に厚かった時代
・黒いまわしが許されるのは、千代の富士だけだと思っていた時代
・「益荒雄旋風」が吹き荒れた時代
・益荒雄を思い浮かべようとすると、写楽の絵が浮かんでしまう時代
・小錦より大錦の方が格段に小さい事に疑問を感じた時代
・自分の中では琴ヶ梅とスーパーマリオのキラーがそっくりだった時代
・大徹の黄土色のまわしに違和感を覚えた時代
・巨砲は「きょほう」でなく「おおづつ」な時代
・きりんじは「ミュージシャン」でなく「力士」な時代
・若瀬川の背中毛(せなげ)を、出番直前まで稽古していたためについた砂だと信じていた時代
・「限界っ!」の枕詞は「体力の・・・」だった時代


すみません、多くの人にはチンプンカンプンな内容だと思います。
でもこんなコネタに反応してくれる人にはこちらがお勧め。

<goo大相撲 歴史に残る名勝負>
相撲ファンにはお馴染みの名勝負が満載です。


冒頭で”いち大相撲ファン”と書きましたが、最近はとんとご無沙汰。
ごく一部の力士以外は名前すら知りません。
大相撲ダイジェストも終わっちゃったみたいですしね。
寂しい限りです。

まとまらなくなった今回のブログですが、今回言いたかったのはこれ。

貴乃花親方のこの髪型は如何なものか・・・。
「言葉にならない」貴乃花親方が会見

|

« 白金の読みはしろかねなので、正しくは” シロカネーゼ ” | Main | 死の大きさ »

Comments

ひとり大笑いしております。
アツかったですね。千代時代。
そういえば、若嶋津と結婚した高田みづえは全然出てこないですね。
それに、北勝海があんなに寂しい頭になってしまうなんて…。

とにもかくにも、
二子山親方のご冥福をお祈りします。。

Posted by: カナエ | June 01, 2005 at 08:14 PM

た・・・たつろ、さん?
ちょっとマニアックすぎるネタかと…。
いや、決行分かりましたけど。
アナタ様が好きな千代の富士貢のいた時代は
私にとっては小錦の時代でした。
かわいいんだもんっ!
初優勝した時は思わずもらい泣きをしたものです。
でもデブ専じゃぁありません。
ちなみに思い出のセリフはこれ↓。
「小錦、相手をよく見ています!!!」
なぜかこのセリフを覚えてる…。

そんなことより…ご冥福をお祈りします。

そうそう、最近オモシロイblogを見つけました。
知ってると思うけど…
「現役力士「普天王」どすこい大相撲日記」
http://futenou.ameblo.jp/

Posted by: ue。 | June 01, 2005 at 09:32 PM

> カナエ
若島津といえば覚えてるのが、土俵際攻め込まれて
はたき込みした時に相手が前に倒れるのと
自分が土俵割るタイミングがほぼ同時になりそうな時に、
俵を蹴ってジャンプして
相手の手がつくのが一瞬早かったっていう一番があって
「こいつ、せこいな」って子供心に思った記憶がある。

それから寂しい頭で思い出したけど
こないだたまたま見たこの力士がすごかった。

白露山
http://sumo.goo.ne.jp/ozumo_meikan/rikishi_joho/rikishi_2487.html
実際にテレビで見たらほとんど大銀杏結えてない。
琴稲妻以来の衝撃だよ。

>ue.
思い出のセリフってそれ、実況のアナウンサーじゃん。
今朝とくダネにゲストで出てたよ、その人。
突っ張りの応酬で小錦がはたかれずに
少しだけ長く続いたりとかすると言うんだよね。
「よく見てます」って。
「よく見て」るというか相手の動きに対して
転ばずによくついて行ってるって感じだよな。

Posted by: たつろ | June 02, 2005 at 12:19 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53021/4355480

Listed below are links to weblogs that reference 二子山親方逝く。:

« 白金の読みはしろかねなので、正しくは” シロカネーゼ ” | Main | 死の大きさ »