« February 2005 | Main | April 2005 »

March 29, 2005

サービス業だろ!

夜中に会社を出て乗った個人タクシー。
ほどなくして自宅マンションに到着。

「ハイ、1210円です」

財布には1万円札しかなく、
1万飛んで210円を支払うと運転手は1万円札を千円札と
勘違いしたらしく、「あい、ありがとうございましたぁ」と。


「あのぉ、1万円なんですけど」

というと、「あーー、1万円かぁ。さっきの人も1万円で・・・」

そして運転手は胸ポケットやらポーチを探り、
おつりが足りないのを確認すると
「お客さん、細かいのだけでも結構ですよ」と。

こういうのたまにありますよね。
「800円しかないんですよ」「お客さん、それでいいですよ」みたいな。
これは釣銭が用意できてない運転手が取る行動の正しいパターン。

そこで自分の財布を見ると小銭はたった80円・・・。
「80円しかないんですけどぉ・・・」と恐縮しながら言うと、
さすがに290円で逃がすわけにはいかないと思ったらしく、
またも釣り銭ポーチを取り出す運転手。

そして、色んな場所から集めたありったけの千円札6枚と500円玉2枚、
そして「にぃ、しぃ、ろぉ・・・」と100円玉を丁寧に数えて20枚、
やや不機嫌な感じで俺に手渡す運転手。
(この時やや丁寧さに欠ける渡し方のため、
100円玉3枚が手から落ちるものの
気づいていながらも謝罪なし)

いや、確かにおつり9000円には変わりないですが、
なんで100円玉20枚も財布に入れなきゃいけないんですか。
何回ガチャガチャでキン消し買えばヨカトデスカ。
おかげで俺の財布はパン、パン、パンですよ。

なんでタクシー運転手ってああなんですかね。
あんなに客が気を遣わないといけないのっておかしいですよ。
大抵「すみません、1万円なんですが大丈夫ですか?」って
こっちは低姿勢で臨むのに、おつりが無いときの運転手って
まるでこっちが悪いかのような態度の人が多くてホント腹立つ。

疲れて帰ってきたのに一日の終わりがこれですよ。
ホント気分悪い。
なので眠いのにブログ更新してみました。

でもちょっと暗いな、この消化の仕方・・・。
もっと健康的に生きてる人間なはずなんですけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 15, 2005

他にも処分すべき人がいるかと・・・

酔って六本木で見知らぬ女性の胸を揉み、
現職の国会議員としては40数年ぶりの現行犯逮捕となった
中西一善氏が自民党を除名処分されたそうな。

中西前衆院議員を除名 自民「品位けがす行為」


本人から出された離党届けを受理せず、「除名」という形に。

まあこの方の処分に関してはいたし方ないかと思われますが、
「品位をけがす行為」という意味では
数年前のYタクさんも負けず劣らずという気がしますが。
あと1億円懐に入れてしらを切るH龍さんだってねぇ・・・。

新人議員はバッサリ行くけどベテラン議員には寛大な自民党。
なんだかなぁ、、、って感じですよ。


さて今回の事件があった翌日、地下鉄の売店の前面に垂れ下がる
夕刊紙の広告を見ると


夕刊フジ 「ハレンチ中西」

日刊ゲンダイ 「乳もみ中西」


という文字が。

「乳もみ中西」って・・・。
「ハレンチ」はまだしも自分の苗字の枕詞に「乳もみ」って。
いくらなんでもそりゃないっすよ、ゲンダイさん。

全国の中西さんが、学校や職場で苛められてはいないか心配です。。。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 01, 2005

肝っ玉母ちゃん

今日アカデミー賞の発表がありました。
ディカプリオやスコセッシ監督が受賞を逃した方が話題になってますが、
公開されたら「ミリオンダラー・ベイビー」も「アビエイター」も見るつもりです。

そっちはさておき、毎年その前日に発表される、ゴールデン・ラズベリー賞
ここ数年は普通のニュースでも紹介されるのですっかりお馴染みですが、
一応説明しとくとアカデミー賞に対抗して、その年の最低映画を表彰する祭典
デミ・ムーアやスタローン、マドンナ、ケビン・コスナーあたりが常連ですね。

そん中で今年主演女優賞に選ばれたのが、
「チョコレート」でオスカーも獲ってる実力派のハル・ベリー。
見事「キャットウーマン」での受賞です。

この賞は受賞しても誰も授賞式には来ないで、
勝手にやりたいやつらでおちょくってる、って感じなのに、
なんとご本人が登場しちゃいました。

確か何年か前に、ポール・バーホーベン監督が
でっかい昆虫ロボットみたいなのが戦争する映画だったか、
「ショーガール」だったかで監督賞を受賞したときに
本人が開き直って登場したのを覚えてますが、
オスカー女優クラスが登場するなんて前代未聞。

オスカー獲ったときの自分のコメントをパロって挨拶したり、
マネージャーを壇上に上げて
「これからは出演料だけじゃなく、脚本もチェックしてね」なんて
コメントしたりと、なかなか肝の座った姉ちゃんですね。
素敵です。

デミ・ムーアやマドンナあたりも
次回受賞時は是非彼女を見習ってもらいたいものです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« February 2005 | Main | April 2005 »